ホ別イチゴ

 友達から教えて貰ったんです。

何を教えて貰ったのか?と言えば、ホ別イチゴのセックスです。

20歳、専門学校に通う男です。

彼女、全然出来ないです。

そのため、極度の不満を溜め込んでいました。

ずっと、ネットのエロ動画見ながらワッショイを繰り返すばかりの日々。

女の子の肉体を食べたい、そんな妄想を強くしてしまっていました。

ある時、学校の友達が言い出したのです。

「出会い系で割り切りした、直ぐセックスが出来たよ!」

ホ別イチゴ、つまりホテル代は別で1万5000円を支払って、ネトナンに成功したって言うんですから。

強烈な衝撃でした。

 彼の使った出会い系アプリも教えてもらいました。

ホ別イチゴセックス相手は確実に見つけられると言われ、激しい期待を持ちながらネトナンしていきました。

 瞬間が訪れたのです。

好みの、ちょっと年上女子でした。

25歳のOL、公花ちゃんが、イチゴ条件で待ち合わせが出来るって言ってくれちゃって、彼女の仕事帰りのアポを決めることになりました。

送って貰った写メも、なかなか魅力的なお姉さん。

不満なチンコが硬直を始めた瞬間でもありました。

 ホ別イチゴの公花ちゃん、写メと同様にステキな人でした。

イチゴって安すぎるんじゃないの?

そういう印象まで持ってしまいました。

年上の、どこか大人びた笑顔で「よろしくお願いします」と挨拶してきてくれました。

破顔しつつ、挨拶をして、デレデレ状態でラブホへ向かっていくことになりました。

 彼女でもない人が、いきなり裸になってエッチさせてくれる。

彼女のいない男にとり、このシチュエーションは強烈以外のナニモノでもありませんでした。

あまりにも興奮しちゃって、記憶がぼけてしまっています。

ただ必死に、公花ちゃんの肉体を求めつづけていった、そんな感じでした。

彼女のオマンコで動かしまくりフィナーレを迎えた時、歯切れのよい幸せな気分を味わってしまいました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。